人には言えない家族の話

価値観の合わない夫。DV、モラハラ、義実家との関係…etc

サレ妻の選択1

 

おっとが不倫している。

さて、私はどうしたらよいのか。

 

おっとに裏切られたショックと怒り

女への怒り。

 

 

夫の不倫 について検索

とにかく

夫の不倫 とかで検索しました。

 

何をするにも、まずは

離婚するか、しないか。

それが決まらないとその後の道筋が決まりません。

でも、そんなことは、正直すぐには決められません。

 

関係が破綻しているならともかく

普通に普通だし

おっとは将来の事なども平気で話します。

自営の仕事のことも。

おっとには、私と離婚しようなんて考えは

恐らくない。

 

私との生活は今まで通り、

それに加え、若くてふしだらな女と

適当なお付き合いをしたいと考えているのだろう。

 

そう考えると、

別れてもらうことを第一の目的とすることにしました。

女だって遊ばれているのだ。

とはいえ、彼氏がいるのに

既婚男性と肉体関係を結んでいるのだから

ロクな女ではないが。

わずかながら同情はしました。

 

警告

今すぐ別れること。今後一切の接触をしないでほしいという

いわゆる要求を、警告として通知する。

守ってもらえないなら慰謝料を請求する。

 

そうすることにしました。

無防備なおっとのおかげで

女の住所も電話番号もわかります。

 

郵送か電話か、通話か文章か

書面を郵便で送ることもできるし

電話で直接言う事もできるでしょう。

 

最善の手段を考えるのにいろいろ調べ

何日も何時間も費やし

本当に人の時間を無駄遣いしてくれるおっとだ。

 

文書を郵送するにはお金もかかるし

届いてからもおっとに連絡を取る可能性がある

となると、電話で

今この瞬間からおっとと連絡を取らないように

と言う方が確実ではある

ただ、電話に出てくれるかどうかもわからないし

それによってこちらが頃合いをみて掛け直すというのも

バカバカしい話。

 

ショートメールで簡潔に送るか

細切れに送るか、なども考えました。

 

もうひとつ、LINEという手がある。

幸い、電話番号からラインを検索できました。

読まれない、ブロックされる、という可能性もありますが

読んだか読んでないかがわかるし

恐らく相手も無防備で、1回で内容を伝えてしまえば既読になるだろう、

というところに賭けました。

 

f:id:kirakira-kinako:20191124110637j:plain

 

 

警告文の内容 

 おっととあなたは不倫をしている。

今この瞬間から、一切の関係、連絡の中止を要求する。

深く反省し、謝罪するならば慰謝料については検討するが

誠意ある対応が見られない場合は法的措置をとる。

万が一離婚に至れば、慰謝料は増額される。

 

などの内容を、こちらが脅迫とかで訴えられないように

ネットで調べながら(笑)精査して作りました。

 

 

次に会う約束をしていた

今まで、おっとが2度会いに行っている。

1回目は私公認

2回目は暴力沙汰で私を追い出し、仕事を私に押し付けて

大金を使って行ったとき。

 

 

kirakira-kinako.hatenablog.com

 

  いろいろありました(涙

 

合計して恐らく3晩泊まっている。

不貞行為も1回は確実。

 

次は女がこちらに来る予定になっていて

おっとはその日、昔の仲間とのイベントがあると

私に話していました。

何も知らなければ、なんの疑いもなく信じていました。

それくらい饒舌に不倫の準備をしているおっと。

 

その日について

「会ったらすぐにぎゅーしたい」とお互いに言い合い

「空港では恥ずかしいから、車でね」などのラインのやりとり。

 

ふむふむ、そのままホテルにでも行くのかい?

不貞行為をするために会うようなものか…

と、腹が立つやらバカらしいやら。

 

その当日、女が飛行機に乗る直前くらいに電話してやろうか

と思っていました。

飛行機代も無駄になればいい。

 

 

でもいろいろ考えた挙句

数日前に、女に通知書として

上記の警告文をLINEで送ったのでした。

 

 

 

kirakira-kinako.hatenablog.com

 

 

 

☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜★

 このブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

人付き合いって難しい、でもそのすべてが学びになる。

♪人は悲しみが多いほど

 人にはやさしくできるのだから♪

私の経験が、どなたかのこころのヒントになれば

と思い、綴っています。 花緒

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村