人には言えない家族の話

価値観の合わない夫。DV、モラハラ、義実家との関係…etc

おっとの裏切り4

お越しいただきありがとうございます。

 1話目はこちらです↓

kirakira-kinako.hatenablog.com

 

 

 日帰りのはずが1泊になり

それでも無事に帰ってきたおっとは

少しリフレッシュにもなったようでした。

 

その旅の前か

帰ってきてすぐの頃か

おっとがコソコソしているのが気になる時期がありました。

 

私が先に寝ると

隣の部屋でゲームしているおっとが

率先してわざわざ除湿器をつけて

ゴォーという音を出し

コソコソと話している。

 

コソコソと話しているのが

気になってイライラして寝付けなかった日もあります。

 

車に忘れ物をしたから取ってくると言って

20秒もあれば済むものを

何分も戻らず

そっと様子を伺うと、電話をしていました。

 

その他、あからさまなコソコソが気になっていました。

 

 

その女とはゲームのフレンドとして遊ぶ仲で(表向きは)

 

女が彼氏の所に泊まりに行くからとか

実家に帰るからとか

そういう理由で何日かゲームをしないような日もありました。

 

ゲームの楽しみ方が違う、などと話すことも増えました。

 

戦闘ゲームなどは、見知らぬ人との相性の影響も大きく

自分だけがうまくても

他の人が下手で足を引っ張るようなことがあったり

人を煽るような行為ばかりする人など

イライラすることも多いのです。

 

やるからには勝ちたいおっとと

楽しければいいじゃないですか、という女。

 

私は、そんなおっとの話に

またこのフレンドとも疎遠になるのか

と安心していました。

 

こうして、巧みに欺かれていました。

 

 

発覚した日

 

ある朝、

いつも枕元にスマホを置いて寝るおっとが

リビングにスマホを放置したまま寝ていました。

 

何を思ったのか、私は

ラインのチェックをしました。

 

この頃は、女との関係への疑いも薄れていた頃。

なぜ見たのか、わかりませんが

勘が呼んだのでしょう。 

 

ラインを開くと

目に入ってきたのは

 

大好きだよ

早く会いたい

 

など。

 

ドキン・・

としたあと、動悸が止まらず

 

でも過去に遡り

読み進めました。

 

今なら電話できるよ

 

声が聞けてしあわせだったよ

 

そして。

卑猥なやりとりも。

 

この時の感情は言葉では言い表せません。

怒りや悲しみから来る攻撃的な気持ちと

それを通り越した絶望感が入交り

何もできず

とにかく冷静に、事実を受け止めるしかなかったのです。

 

 

変わりない日常

その日、私の母と3人で

お出かけしました。

その間、私は動悸はするし

ほとんど上の空だし

 

でも、こんなことするくらいだから

女に

「大好きです。一生一緒にいたいです。

 彼氏に渡したくない」なんてこと言いながら

(笑っちゃいますよね、こんな大告白…)

こちらの生活を壊す気もないのだな、と思いました。

 

 

 

 

☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜★

 このブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

人付き合いって難しい、でもそのすべてが学びになる。

♪人は悲しみが多いほど

 人にはやさしくできるのだから♪

私の経験が、どなたかのこころのヒントになれば

と思い、綴っています。 花緒

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村